« 猫譲渡会のお知らせ | トップページ | あっという間に »

2013年12月 9日 (月)

正義は勝つ

 

P1015315

甘えん坊のマイキーは今日もひざの上から動きません 
( ^ω^ )   

P1015314
   にゃは(゚▽゚*)

          

マイキーは里親様募集中!
Mikey1  
ご応募はこちらから

 

カレンダー発売中!

にゃみりー応援ショップはこちら 

応援よろしくお願いします!

 

今年最後の猫譲渡会、15日の日曜日です。 くわしくはこちらをご覧ください。

 

 

   ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 

グランプリファイナル、真央ちゃん優勝おめでとう! 

ショートのトリプルアクセルは絶対に回転不足などではありませんでした。 真央ちゃんも、「自分はちゃんと回っていたと思っている」とはっきり言っていますね。 あれを回転不足と判定したテクニカルスペシャリストの天野氏は、きちんと表に出てきて、あのアクセルのどこがどう回転不足なのかを説明していただきたい。  

フリーの日のジャッジ紹介では、真央ちゃんにばかり異常に厳しい判定をし続ける天野真の紹介のときにブーイングが起こり、さらに「天野帰れ!」と叫んだ女性がいたようですね。それを聞いて、会場からは拍手が沸き起こったとか、、、。(´,_ゝ`)プッ

、、、当然の報いです。 僕ももし会場にいたら、天野氏とイ・ジヒ(真央ちゃんに対してあり得ない低得点を出し続ける韓国人ジャッジ)にはぜったいにブーイングしていました。

賛否両論あるようですが、僕はその女性の勇気ある行動に、思い切り心からの拍手を送ります。 日本のフィギュアファンの我慢ももう限界に来ています。礼儀正しくて世界一大人しいはずの日本のフィギュアファンがブーイングし、ジャッジに野次を飛ばすなんて、もうよっぽどなのです。

 

 

良書、フィギュアファンなら一読をオススメします。          

2013121014170000  

「フィギュアスケート 疑惑の高得点」 東京図書出版 

フィギュアスケートはいつからこんなアンフェアは競技になったのか?

 華やかな銀盤の陰でいったい何がおこっていたのか? 採点にまつわるフィギュアスケートの闇を暴く!

 

 

ソチで真央ちゃんの最高の笑顔が見られますように。

そして、KYとその取り巻き達に天罰が下りますように。

 

 

 

 

 
   

|

« 猫譲渡会のお知らせ | トップページ | あっという間に »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事