« パソコンが、、、立ち上がらないよ〜ん | トップページ | リッキー元気です! »

2007年2月17日 (土)

リッキー がんばろう!

 
今朝から再びお腹がキュ〜〜キュ〜〜言って、ひどい血便になったので、今日は仕事中に抜け出してリッキーの診察に行ってきました。
真っ赤な便(便と言うより腸の組識がはがれ落ちたもの)を持参して検査をしたのですが、すでに治療中の「前立腺炎」「膀胱炎」に加えて、新たな病気が見つかりました。
 
「リンパ管拡張性腸炎」(またはアレルギー性腸炎)
 
これは一生上手につき合っていかなければならない病気。 つまり、体質のようなもので完全に治る可能性はほとんどないそうです。いつからそうなったのか、、、おそらく保健所に持ち込まれるずっと前からでしょう。もしかしたら生まれつきなのかも。
治療としては、ステロイド投与を続けていくこと。 これから、症状を抑えられるステロイドの最小量をさぐっていきます。ただし、腸炎用の処方フードで症状が抑えられれば、処方フードを食べるだけで済むかもしれません。(これはあまり期待できそうもないですが。。。あ、でも、この処方フード、味は相当良いそうです)
 
しばらくは「前立腺炎」と「膀胱炎」の治療も平行して行います。こちらは薬で完治するので大丈夫。この2つだけでも早く完治させてあげたいな。 痛いところばかりじゃ本当にかわいそうだよね。
 
病院でこの病名を聞いてピンときた。 もしかして、これが処分持ち込みされた理由なのかな。。。治らないからといって中には安楽死を選択するバカな飼い主もいるらしいし。。。(怒)  
薬でお腹の痛みさえ抑えてあげられれば、リッキーは食欲も旺盛だし、元気に走り回るし、散歩もオモチャ投げもいたずらも大好きだし、普通の犬となにも変わらない生活が送れます、、、っていうか、普通の犬よりもよっぽど元気なのだ!!  どんな病気を持っていようと、どんなに治療費がかかろうと、どんなに手がかかろうと、噛もうが唸ろうが、理由が何であれ、わが子として迎えたはずの犬を手放せる人間の気が知れないよ。 本来なら、もっといたわって愛してあげるのが本当なのにね。
 
リッキーのお腹の痛みを完全に取り除いてあげることは難しいかもしれないけど、これからもずっとリッキーが幸せに過ごせるように、のぶちんはリッキーを愛して、愛して、愛しまくるよ!!! もちろん、ルーシーさんもね♪
リッキーにも、ルーシーさんのように長生きしてもらわなくちゃ!!
 
  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 
 
 
イラストレーターさんに描いてもらったルーシーさんのイラスト。 どちらかと言うとリッキーに見えるなぁ〜。
 


Lucy_caricature
 
 
 
   
コメントいただいているみなさま、コメント返信できずにすみません。なぜか、この仕事用マックからだとココログブログのブログだけがコメント欄に日本語入力できません。他社のブログはコメントできるのですが、、、。(どうしてでしょう?? 分かる方いませんかぁ〜???) PCがデータ復旧センターから戻るまで、コメントの返信が遅れると思いますぅ〜〜、すみません。(ペコリ)

|

« パソコンが、、、立ち上がらないよ〜ん | トップページ | リッキー元気です! »

「ペット」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー

そうかー、リッキー君また新たな病気が見つかりましたか。
でも、のぶちんさんの子に決まってから次々と発覚と言うのも不思議なもの・・・
愛情があるから発覚すると言う事もあるかもしれないけど、リッキー君も良い人とご縁できて本当に幸せだね。
のぶちんさんは、メールとかで知りましたが、人一倍情が厚いから、リッキー君大丈夫だよ。
それに、以前も書いた気がするけど、健康な人よりもすこしくらい病気を持っていたほうが、注意するので長生きするって言いますし。
油断は禁物かもしれないけど、病の事を確り知り、上手に病と付き合って行けば大丈夫だと思います。
それに、確率は低くても治るとだけは信じてあげようね。
この世の中に「絶対」と言うものは無いから、いつのまにか完治するこもしれませんよ(^o^)
何はともあれ、お大事にね。

投稿: とっしー | 2007年2月17日 (土) 01時01分

リッキーくんの病気、だんだんはっきりしてきてきたのですね。これはきっと、のぶちんさんのリッキーくんに対する気持ちが病気発見につながってるんでしょうね。きっと、のぶちんさんの愛情で病気も良くなってゆくと思います。どうぞお大事になさって下さいね。

イラストのルーシーさん、そう言えばリッキーくん二も似てるね。ふたりお似合いということでしょう(^.^)

マックからコメントできないのは不思議ですね。もし、日本語入力が出来ないということだけだったら、エディターかワープロか何かを開いて、そこで文章を作って、それをコピー&ペーストで貼り付けるという事は出来ませんか?面倒だけど。

投稿: toshi | 2007年2月17日 (土) 06時31分

おはようございます
リッキーくん大変ですね。今までのつらい・悲しい・怖いなどなどの体験の疲れ、ストレスが一気に
出たのでしょう。愛情深いのぶちんさんももとで、
悪いものを出し切って、これから幸せに向かって行くことでしょう。
我が家の愛犬もかつては、がん、がん転移、免疫不全、肝臓病等の様々な病気を患いながらも長生きしました。すこしくらい病気を持っていたほうが、かえって健康に過ごせはずです。
のぶちんさんも心配なことが多くて気疲れしてしまいますが、のぶちんさんもお体に気をつけて下さい。お大事にしてください。

投稿: ぷりんちゃん | 2007年2月17日 (土) 07時54分

リッキーくん、痛くてかわいそうですねぇ。
人間なら動くことも出来ないのでは?と思っちゃいます。
小さな体に、そしてとびきりの笑顔に、たくさんの病気を隠していたリッキーくん。
大好きなのぶちんさんのそばにずっといられるとわかって、体が安心して本来の症状を出してきたのかな?
アレルギーは完治のない病気。
コツコツとさりげなく付き合うことが大事。
こっちが気にしすぎると、症状がひどくなったりする不思議な病気です。
のぶちんさんの心配がリッキーくんの症状を悪くしちゃうこともあります。
どうぞ、気長にさりげなくお過ごしください。
リッキーくん、のぶちんさんがパパで本当に良かったね。
早く良くなること祈ってるよ。

投稿: nayu | 2007年2月17日 (土) 07時59分

リッキー君、ずっと痛さをこらえていたのでしょうね。
 家族として迎えた仔を愛護センターに捨てた元飼い主、その人が何食わぬ顔で生活をしているのだと思うとやり場のない怒りがこみ上げてきます。
 のぶちんさんの家族になることが出来て、リッキー君は精神的にかなりゆったりできたと思います。
リッキー君にとって病気は『薬』での治療も大切ですが、「自分がのぶちんさんに心から必要とされている」という自信もきっと大切だと思います。
 のぶちんさんは、ルーシーさんにもリッキー君にも大切なパパ(?! お兄さん?!)です。
 気をぬきながら頑張ってくださいね。
 

投稿: mariko | 2007年2月17日 (土) 08時46分

のぶちんさんへ

わが子を病気だからといって捨てる飼い主! 事実だとしたら本当に許せませんね。

我が家の先住犬リリさんも、先天的な病気をいくつか持っていて定期的な手術やら投薬やらで本当に手がかかります。それを面倒に思ったことはもちろん一度もありません。
むしろ手がかかるぶん愛しかったり、健康であった一日に人一倍幸せを感じることができます。

処方フード、試してみるのもいいかもしれませんね。リリさんは原因不明・これといった治療法もない病気をフードで改善することができた過去があります。(フードだけのおかげではないのかもしれませんが。。。)

投稿: RYO | 2007年2月17日 (土) 10時33分

のぶちんさんのもとでなら、安心して治療に専念できると、リッキー君も分ってるのだと思います。
これまで緊張していたから症状も目立ってでてこなかったのかもしれませんよね。

↑みなさんもおっしゃられていますが、病気と上手に付き合ってるほうが、長生きっていいますよね。
近所の柴ちゃん、パピーの頃に大怪我して、大学病院に何度もお世話になってきたそうですが、ただ今18か19歳だそうです!!先生も驚異の、とてもそう見えない毛艶と足取りで元気でお散歩してますよ♪

たしかにリッキー君に似てる~。。

投稿: このっち | 2007年2月17日 (土) 12時24分

だんだんとはっきりした病名が分かってきたので、
のぶちんさんも対応がし易くなってよかったですね。
リンパ管拡張性腸炎って初めて聞きました。体質ですか~。
実はまりんちゃんも来た当初、食べても食べても太れなくて、
腸膜べったりのうんP(たまに血が混じる)をしてました。
下痢ではなかったけどやっぱりお腹がグルグル鳴ってました。
消化器官が弱っているのでしょうということで、
消化の良いゴハンに変えてからうんPが良くなりましたよ。
でもいまだにジャーキーなおどのお肉系のオヤツを食べると
翌日は薄っすらと血が混じることがあります。
来週、定期健診があるのでリンパ管拡張性腸炎の疑いも含めて
良く診てもらおうと思います。
リッキー君、おだいじにね~!

投稿: みい | 2007年2月17日 (土) 14時25分

原因と治療法が、はっきりだけでも一歩前進出来ましたね。
今は、処方食でも美味しいものがあるんだぁ(処方食=あまり美味しくないと思い込んでいた私)
ゴハンは楽しみ♪のひとつですからよかったぁ(^▽^)
でも、病気だからってリッキー君ポイしたとしたら元飼い主許せな~い(怒)
レオが病気やケガをしたら「痛いのかなぁ、辛いのかなぁ、どうしたら治るかな」って心配はしても捨てるなんて考えられないです。
どの子も大事な家族の一員ですよね~
リッキー君ものぶちんさんのもとで安心して治療に専念出来ますよ(^^)
ルーシーさんの似顔絵可愛いです♪
今度リッキー君のも見たいなぁ

投稿: しーずーまま | 2007年2月17日 (土) 14時34分

リッキーくん、大変だったね。
のぶちんさんのところにず~っと居られるんだって分かるまで、緊張・ストレスの連続だったでしょうに。。。
そして、やっと一生安心して落ち着いて暮らせる所ができたんだ、ってホッとしたかな???
神様ものぶちんさんならホントのリッキーくんをちゃんと受けとめてくれると思ったから赤い糸を結びつけたのでしょうね。
のんびりとがんばってください。
私もリッヒとのほほ~んとがんばってます。。。

投稿: めいぷる | 2007年2月18日 (日) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パソコンが、、、立ち上がらないよ〜ん | トップページ | リッキー元気です! »